国際結婚詐欺被害者の告白

私の体験談

 このページでは、私が実際に被害を受けた国際結婚詐欺の体験談を記します。
 現状で警察や弁護士はまともに相手をしてくれず、私は泣き寝入りをするしかない状況に立たされております。
 これらの詐欺師に関する情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、どうか【お問い合わせフォーム】より情報をお教え下さい。

 ここの体験談では固有名詞は伏せ字にしておりますが、【お問い合わせフォーム】より『原文を下さい』とお申し付けくださりましたら、私よりEメールにて、原文(詐欺師の氏名や結婚相談所の名称などを伏せ字にしていないもの)のワードファイルをお送りいたします。
※原文の提供は締め切らせていただきました。

 また、この体験談をお読みいただいてお感じになられたことや、同様の被害に合われてしまった方がいらっしゃいましたら、ぜひ【投稿フォーム】より体験談やメッセージをお送り下さい。

国際結婚詐欺のキッカケ

 今から8年前の2007年に、行きつけの飲み屋で、ある男と知り合いました。
 この男を以下で「A詐欺師」と呼びます。
 A詐欺師の名前はごく普通の日本人の氏名で、容貌なども特段に怪しい雰囲気はなかったと記憶しています。

 A詐欺師は結婚相談所に勤めているという事で、その時ちょうど私は結婚に対して意識しはじめていたこともあり、彼の話にとても興味が湧きました。
 居心地の良い行きつけの飲み屋で知り合い、A詐欺師もこの店の常連客という事でつい気を許してしまい、お酒も少し回っていたせいか警戒心を抱かないままA詐欺師と色々と話しをして・・・
 そして後日、A詐欺師の勤める結婚相談所へ入会しました。

詐欺師の結婚相談所は、東京 新宿(移転後は青山)

 A詐欺師の結婚相談所は、「~~~株式会社」が運営する「○○○○○○○○○○○」という名称の相談所です。
 A詐欺師が言うには「(東京の)新宿で起業し、その後に青山へ移転」という事になっていましたが、事務所は改装中ということで私が直接見た事はありません。

なぜか中国人をオススメされる

 入会後ほどなく、なぜか中国人女性との国際結婚を薦められるようになりました。
 この結婚相談所は"表向き"には日本人同士を繋げる形で広告宣伝されていたのですが・・・
 今現在インターネットでこの結婚相談所を調べても(2015年7月現在)、日本人同士の成婚事例(でっち上げの事例?)が紹介されていますし、当初のA詐欺師も国際結婚などには一言も触れていません。
 やや疑問にも感じましたし、国際結婚に関しては心理的な抵抗もありました。
 しかしこの時点の私はA詐欺師のことを"結婚関連のプロ"だと思い込んでいたため、「プロが薦めるという事は、私には国際結婚が向いているのかもしれない。」と思うようになりました。

 A詐欺師から様々な説得を受け続けたせいもあるのでしょうが、次第に次のように思うようになっていきました。
 ◆交通手段が発達した現代では、地理的に中国はそれほど遠い場所ではないなぁ。
 ◆日本にはとても沢山の中国人が住んで居るし、慣れてしまえばなんら特別な事ではないなぁ。
 ◆そういえば日本に長くいる中国人は、日本人とは多少違う点はあっても、そんなに大きくは変わらないよなぁ。
 ◆映像で他国の子供達の行動を見ると、皆日本の子どもと変わらない、同じようなはしゃぎかただったり、同じような笑い方だったり、泣いたり、駄々をこねたり。言語や習慣は違うけど、それは人種の相違によるものではなく生活環境によるものであって、人間の根本たる部分は日本人も中国人もさほど違わないのではないだろうか。
 ◆最初は大変かもしれないけど、根気よく思いやりを持って接すれば、うまくいくんじゃないだろうか。

 次第に中国人女性との国際結婚に関する抵抗感が薄れていきました。
 そして、A詐欺師の結婚相談所が提携する、中国人女性を専門に紹介する斡旋業者を利用する事に。
 A詐欺師の結婚相談所とは別個に、斡旋業者と新たな契約をする事となりました。

中国人女性との国際結婚の斡旋業者

 新たに契約した斡旋業者は東京の池袋に事務所を置く、「有限会社ーーー」が運営する「○」という名称の業者でした。
 この業者は、夫婦で経営しており、旦那の方は生粋の日本人ですが、妻の方は中国出身の女性です。なお、この詐欺師夫婦(以下「B詐欺師夫婦」と呼ぶ)の名前も、A詐欺師と同様にごく普通の日本人の氏名です。

斡旋業者の手引で、中国の北京でお見合いをする

 中国人女性の斡旋業者と契約した後はトントン拍子で話が進み、候補の中国人女性が見つかり、すぐに中国の北京でお見合いをすることになりました。
 相手の女性と実際に対面し、純朴で真っ直ぐな性格と感じて第一印象から好感をもてました。
 最初の頃は、言葉などのコミュニケーションでは難しい点もありましたが、お互いに工夫しながら少しずつ意思疎通を重ねていく事が"楽しい"と感じ、不便ではありますが苦なく乗り越えられると思うようになりました。
 そして、この中国人女性と結婚する事を決めました。

国際結婚の詐欺師達に支払った被害額

 下記の金額をB詐欺師夫婦の中国人女性斡旋業者へ支払いました。
 ◆見合い代で28万円(場所:北京,チケット代を含む)
 ◆結婚式代380万円(場所:福州,チケット代,ホテル代を含む)
  ※簡素な結婚式でした。今にして思えば異様に高い金額です。
 ◆アフターサービス料29万円
 ◆その他資料作成10万円

 そしてこの他に、A詐欺師の結婚相談所にも成婚料として25万円を支払いました。

中国人女性の斡旋業者が逃亡

 なお、この中国人女性の斡旋業者ですが、私との契約の直後に夜逃げをするかのように倒産し、B詐欺師夫婦は、現在別の法人で、中国語講師の派遣業を営んでいるとのことです。

中国人の妻の実家に多額の借金が発覚

 結婚後すぐに、妻から「実家が斡旋業者から借金をしている」と告げられました。
 実家の借金の額は200万円との事。

 中国人女性の斡旋業者との契約では、次の事が約束されていたのに・・・。
 ◆妻に借金が無いこと
 ◆妻の実家への仕送りは不要とのこと

 まさかこんな事になるとは思いもよりません。
 しかもその借金の相手方が、私との契約の当事者である斡旋業者だとは。
 この時に初めて"詐欺"の文字が頭をよぎりました。

 しかしその時は「とにかく、まだ日本に不慣れな妻との事を考えなければ」と、起こってしまったトラブルよりも妻の事を最優先とし、妻に200万円を払ってあげました。

中国人の妻が仕事を理由に別居状態に

 妻から、「実家に金が必要で働かなければならない」と言われ、妻は仕事で家を空ける事が多くなり、半別居状態となりました。
 家に帰ってくる日のほうが圧倒的に少なく、結婚生活の実態があったとは言えないような状態です。
 しかしその間も私は、妻に生活費を払い続けます。
 結局その後約7年間で、生活費として合計800万円~1000万円ほどを妻に払いました。

中国人の妻が永住ビザを取得後、突然の離婚宣告

 結婚から7年目に、妻が日本への永住ビザ取得の要件を満たしました。
 そして妻が永住ビザを取得した直後、突然「離婚する」と告げられ、家から完全に出て行ってしまいました。
 慌てて調べると、妻は既に住民票も他所へ移していて・・・

助けを求めてA詐欺師の結婚相談所へ

 私は妻と離婚したくはありません。
 今までもほぼ別居状態で妻と会える時間はごくわずかでしたが、それでも愛情、思いやり、責任をもって誠実に接しておりました。

 非常に困惑した私は、どうにか妻との関係を取り持ってもらいたく、藁をも掴む気持ちで、A詐欺師の結婚相談所に相談しました。
 するとA詐欺師は「結婚・離婚問題に強い弁護士を紹介する」と約束してくれたのですが・・・

ヘリコプター投資詐欺

 A詐欺師から弁護士を紹介してもらう条件として、とある投資会社とヘリコプターへの投資の契約をすることを求められました。

 この時のA詐欺師が言う事を要約すると、次のようなものでした。
 ◆離婚に関しては結婚相談所には全く責任がなく、契約上も貴方に協力する義務は一切ない。
 ◆個人的には助けてあげたいが、難しい問題で大変な事なので、協力する代わりに"見返り"が欲しい。
 ◆そこで見返りとして、A詐欺師が関係するヘリコプターの投資会社と契約してくれないか。自分自身(A詐欺師)も3口契約しているし、今回の口利きで更に2口追加契約をするから、信頼できる投資だと思ってほしい。
 ◆この投資の契約をすれば、結婚・離婚問題に強い弁護士を紹介する。

 私はA詐欺師に対して不信感が全く無かったわけではありませんが、しかし他に頼るところが私にはありません。
 どうにかしてでも専門家の助けが欲しい私は、頼りになる弁護士を欲する一心でこの投資会社と契約することに。
 そして108万円を投資会社へ支払いました。
 しかしどういう理由なのかこの契約の時点で、弁護士ではなく「それに近い専門家を紹介する」という事に変わっていました・・・

結婚・離婚問題に強い専門家は、来なかった

 私と妻との話し合いの場が設けられ、A詐欺師が"専門家"を連れてきました。
 しかしその者は専門家でも何でもない、専門知識など全く無い、"ただの中国人"でした。

 一つのテーブルに、私、妻、A詐欺師、ただの中国人の4人が座り、話し合いが始まったのですが・・・
 私以外の3人は全員"グル"だったようで、私が正当な主張をしても、滅茶苦茶な理屈で「あなたが悪い!」と強引に否定され続けました。
 1対3で、寄ってたかって私を否定・非難します。
 A詐欺師には妻との間を取り持ってくれるよう相談したはずだったのですが、全くおかしな話で、3人から「あなたに非がある!あなたが非を認めて改善する努力をしなければ離婚になってしまう!」と、ひどく責められました。
 改善するも何も、私に非はありません。
 それなのにA詐欺師達は、大きな声で「あなたが悪い!」と繰り返すばかりで、全く話になりません。
 そんな彼らの滅茶苦茶な主張を認めるわけにはいかず、話は平行線をたどったままで決着はつかず、話し合いは終了しました。

 その後は進展がなく、現在、妻とは離婚調停中です。

 この一連の流れを見れば、これは国際結婚詐欺であるとお分かり頂けるかと思います。
 また、ヘリコプターの投資に関しても詐欺の疑いが強くあるものでした。
 しかし警察に訴えても動いてくれず、弁護士に相談しても「詐欺の証拠が無い」と取り合ってくれません。
 だれも私の力になってくれず、私は泣き寝入りをするしかない状況に立たされております・・・

皆様のご意見をお聞かせ下さい

 これらの詐欺師に関する情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、どうか【お問い合わせフォーム】より情報をお教え下さい。

※この体験談では固有名詞は伏せ字にしておりますが、【お問い合わせフォーム】より『原文を下さい』とお申し付けくださりましたら、私よりEメールにて、原文(詐欺師の氏名や結婚相談所の名称などを伏せ字にしていないもの)のワードファイルをお送りいたします。
※原文の提供は締め切らせていただきました。

 また、この体験談をお読みいただいてお感じになられたことや、同様の被害に合われてしまった方がいらっしゃいましたら、ぜひ【投稿フォーム】より体験談やメッセージをお送り下さい。

国際結婚をお考えの方へ

 私と同様に、甚大な被害を受けながらも泣き寝入りをするしかない状況に立たされている被害者が、現実にたくさん存在する事を認識して頂けたらと思います。
 国際結婚をご検討中の方がいらっしゃいましたら、結婚相談所や斡旋業者などといった契約の相手方が本当に信用できる者かどうか、今一度お確かめ下さい。